25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

Finale入門

2016年3月27日 (日)

デフォルトのまま設定

楽譜制作 初心者の方は、デフォルトということがいまひとつ 理解できないかもしれません。

こういう私も 初めは デフォルトの意味がわからず なんだか理解できずにとりあえず やっていました。

Finaleを工場から出したままの状態がデフォルトです。

私たちは いろいろな楽譜を作るときに たとえば 装飾音符はどのくらいの大きさにするのか?装飾音符だから 小さくするけど どうすればいいのか?なんて 考えたりしますが・・・

実際に Finaleを起動して ファイル別オプションを開いてみると・・・

S66


さまざまな数値を設定することができます。

今 ここでは 装飾音符を選択していますが 装飾音符のサイズは75%になっています。

デフォルトでこのような設定値になっているということです。

また 計測単位は Finaleの場合は EVPUという単位を使います。

慣れてくると 数値設定は 自分で変えて試してみると よくわかりますよ。

2016年3月 5日 (土)

小節番号の表示

楽譜制作をしている初心者の皆さま・・・

小節番号って 必要だと思いますか?

これが 頼りになるのですね~。

たとえば手書きの原稿があって それを見ながら Finaleで入力する時に 原稿と自分のファイル上の楽譜を見間違えないように 小節番号は必要です。

勿論 制作する過程で必要なわけで 楽譜を仕上げてしまえば 小節番号は削除してしまえばいいわけ。

先ず 小節ツールを選択します。

その後 メニューの「小節」→「小節番号」→範囲の編集

すると 次の画面が出てきます。

S65_3

ここで 赤で囲ったところを適宜にチェックしてくださいね。

範囲内の最初の小節番号を隠す・・・などの項目があります。

番号のフォントやサイズの変更もできます。

小節番号を表示すると ミスも少なくなります。

見直しするのにとても便利です。

データの保存

楽譜を作っていて 中断する時に どうしますか?

すぐに 席を立たれる事も多いと思います。

急に パソコンの機嫌が悪くなって 動かなくなって困った経験はありませんか?

この私 過去には何度もありましたよ。

泣く事もありました。

だって せっかく 音符入力を全て終えたところで パソコンが動かない!!

こういうことは いつ 起こるかわかりません。

事故ですね(;д;)

そこで もはや これは常識というか 初めに覚えておくことですが・・・・

作ったデータをこまめに保存することです。

いつ事故が起きるかわかりませんから こまめにデータを保存して上書きします。

今 開いているファイルを閉じるときに 保存するか?と聞いてきますから そこで上書き保存でもいいのですが、作成中に もっと 頻繁に保存してください。

その方法は・・・

Ctrl+S で 保存できます。

これで 席を外しても とりあえずは大丈夫。

パソコンが記憶しています。

Ctrlキーを押しながら Sキーを押します。

簡単に左手で スッっとできます。

2016年2月11日 (木)

メニューとは?

楽譜制作が初めての方は 一つひとつの言葉が 良くわからないかもしれませんね。

メニューってなんですの?

メニューとか メニューバーという呼び方をしています。

楽譜を開いてみて 一番上に横に表示されているのがこちらです。

赤で囲ってあります。

Photo


何か作業をするときに ここに目をやるようにします。

ここには、「ファイル」や「表示」などいろいろ並んでいます。

バージョンによって少し違いますが、一番上にあるこのバーをメニューと言います。

それぞれをクリックしてみると そこで出来る作業が リストアップされています。

コマンドと言います。

2


ここでは メニュー→高速ステップをクリックしてみました。すると 今 作業が可能なコマンドが太字で表示されます。

ここで太字になっていないコマンドは 作業できません。

2016年2月 7日 (日)

楽譜制作の初心者様 お疲れでしょう

楽譜制作 初心者の皆様・・・

御無沙汰しておりました。

生活の上で いろいろありまして 更新が途絶え さすがにこれでは 意味の無い サイトになってしまいますので・・・

今日は 少し 書いてみますね。

私が楽譜の勉強を始めてからの副作用を ここに書いてみます。

特に 大きな副作用を二つ上げてみると・・・

①運動不足

②目の疲れ

この二つが上げられます。

楽譜上の技術的な問題や 知識上の問題は別として・・・ですね。

先ず 運動不足についてですが これは もう絶対に パソコンの前に貼りついているわけですから 頭痛 肩こり 筋肉痛・・・ストレスなど、いろいろな障害が出てきます。

勿論 作業が問題なく スムーズに進み 尚且つ 自分が使っているマシーンが快適な状態ならば ストレスも減るというもの。

ところが ストレスは減ることはありません。次から次へと襲いかかります。

なぜか??

楽譜の制作に期限が設けられているからですね。自分の趣味で作っているのでしたら 

一曲を何年かかってもいいわけですが お仕事だったり 今度のピアノのレッスンまでに生徒さん用にアレンジした譜面を用意しなければならない・・・とか 焦りがあります。

こうなれば 焦れば焦るほど マシーンなどの環境が良くないとどうにもなりません。

まぁ このような基本的なことは 当たり前だ!!と皆さんは 仰いますが この私、パソコンが突然 ご機嫌を損ねることはよくあります!!

更に 運動不足となれば 当然 便秘にもつながります。

お恥ずかしい話ですが ピアノの先生や座っている時間が長い人は 便秘になりやすい。

是非 お気を付けください。

通常 楽譜を1ページ仕上げるのに 1時間かかるとしたら・・・

ここで しっかりと 立ち上がり 身体を動かします。

自分で健康管理しないとどうにもなりません。

更に 私は目が悪くなりました。

当然と言えば当然なんですが・・・ブルーライトなど 出来るだけシャットアウトしていただきたいと思います。

お若いなら まだ大丈夫ですが 年齢を重ねてきますと 老眼ですわ。

老眼って意外と早くやってきます。

眼鏡も必要ですが トレーニングも必要です。

遠くを見たり手前を見たり・・・眼の奥の筋肉が非常に疲れますが 眼のケアのトレーニングはおススメです。

更に眼科に行って 検査をする機会を設けて 網膜や視神経に問題がないか?

ここまで 検査を受けておきます。

視力だけで問題は無くても 自覚症状が少ない病気が沢山ありますから 是非気をつけてくださいね。

眼は大切にしてください。

疲れる原因は 楽譜の白い紙です。

楽譜だけに限りませんが、白という色は 非常に疲れますから、パソコンの画面上で白い五線紙を出すのではなくて 少し薄いクリーム色などを出してみてください。

疲れが減ります。

Photo_3





メニューの「表示」→カラー表示と進み、「パレットと背景」と進み 単色で楽譜の色を選択できます。御自分で ここで 薄い色を作ってみてください。

薄く色がついた画面の方が疲れないかも・・・です。

とにかく 楽譜とにらめっこして全身の力が抜けない初心者様、お身体を御自愛くださいね!

2014年11月 3日 (月)

楽譜全体の五線の幅を調節したい時

五線の幅を狭くしたり 広くしたり・・・ということは実際によくあることです。

入力した楽譜を眺めてみて、全体が窮屈に感じられたり、あるいは 音符が被ってしまうときがあります。

このような時には、どうしても 五線の幅を広げたいわけです。

例を載せました。

下の譜例は いくつかのパートを入力した後に、五線を狭くしたり 広くしたり・・・するやり方です。

五線ツールを選択すると 五線の左上に四角のハンドルが表示されます。

Photo

今は ピアノの右手のパートを選択してみます。

1


そのハンドルを選択したまま、↓キーを使って 下にクリックしてくると、五線が動きます。

この場合は 五線の間隔が狭くなります。

この方法は、楽譜全体のピアノパート(右手)に反映されています。

2


もちろん マウスで四角のハンドルをドラッグしても同じようにできます。

初心者様 お試しくださいね。

2014年10月13日 (月)

楽譜制作のスクール

楽譜を自分で作ってみるのは 初心者には かなり難しいことです。

しかし ソフトを購入して自分のパソコンに入れて、実際に手を動かせてみないと何も始まりません・・・

というわけで・・・

スクールの御紹介です。

東京 目白のICSというところ。

楽譜制作の老舗と言われている スクールであります。

こういうレッスンは どうしてもお値段はかかります。

教室で実際に パソコンやソフト プリンタなどを使用するのですから 致し方ありません。

一応 どんな感じか 参考までにご覧くださいませ。

ICS国際コンピューター楽譜センター

資料請求、体験申し込み ができますよ。

3回コースというのが 狙い目でしょうか・・・(*≧m≦*)

パソコンが扱えなくても大丈夫らしいですよ・・・(^-^;

とは言っても、一応 PC歴と音楽経験は聞かれるようですね。

当然でしょう。この両方に精通している人は 導入は非常にスピーディーだと思います。

しかし やる気と根気、何か楽器が演奏できるか?が重要になるでしょう。

楽譜制作のスクールで体験できます

2013年11月 1日 (金)

finale 使いかた・・・と検索する人へ

更新が大変に途絶えましたことを お詫び申し上げます。

このようなサイトへお越しくださっている方々も おられるのに・・・全く申し訳ございません。

個人的な言いわけですが…在宅で介護をしておりますので ちょっと忙しくしておりました。

私も その昔、「finaleの使いかた」というようなフレーズで検索をして あっちこっちのサイト様を訪問させていただき なんとか 自分で楽譜を書いてみたいと思ったものでした。

しかし あまりわかりやすいサイトに出会えず あるいは 専門的すぎる専門家様のサイトへお邪魔して 結果 難し過ぎて わからないままに終わったようです。

finale使いかた・・・と検索をしている方へ・・・

私のおススメは 先ず ソフトの中のヘルプを参考にしながら 自分で 簡単な楽譜を作ってみることをお勧めします。

簡単な・・・とは どの程度の簡単なのか??

それは その方の技量や根性などに関係しますが、本当に簡単で結構だと思います。

つまり 五線の作り方 音部記号の選び方、音符の配置・・・などを覚えるわけですから、すぐに仕上がるような短い小節数でよろしいと思いますね。

できる人は 初めから 何ページもある合唱曲でも仕上げられますが、本当にパソコンもソフトも 譜読みも苦手・・・という人は 絶対に無理しないでください。

8小節の旋律だけの楽譜で良いのです。これを 綺麗に作れば 絶対に自信がつきます。

次には もっと長いピアノ曲などもできますから、初めは自分で絶対に仕上げられる程度の簡単な楽譜を作ってみましょう。

挫折すると その先へ進むのが 大変になって気持ちが折れてしまいます。

マイペースでコツコツやる人でないと 楽譜制作は向きません。

ヘルプを参照にして・・・ということは、人に教えてもらわないで 自力で解決する力が欲しいからです。

なかなかできなくても 「この方法はどうかな?」というような あっちこっち探して問題を解決していく力を持っていたほうが良いからです。

人に聞いて教えてもらうのは スクールに入って指導を受ければ完璧でしょう。でも それだけでは自分の血や肉にはなりません。

先ず 自分の力でなんとか簡単な楽譜を作ってみてはいかがでしょう・・・・

「それが面倒だから・・・それができないから・・・困っているんだ」と仰る方へ

Finaleは大変に難しいです。

それができないなら 今後 Finaleを駆使することは不可能です。

2013年7月14日 (日)

小節の幅について

レイアウトを決めて 音符の入力を一通り終えるまでが 一段落ですよね。

私は視力の低下もあって 入力のスピードはかなり遅くなりました。

そんなに急ぐ必要は 今は ありませんので、できるだけストレスにならないように心がけております。

さて 小節の幅について書いておきます。もちろん 初心者様に向けて・・・。

入力が済んだところで、「音符単位のスペーシング」をかけておきます。

なぜ これを実行するかというと、1小節に入っている音符の数によって 小節幅が変わるからです。

スペーシングを実行すると ざっと見たところ うまくそれぞれの音符が納まっているように見えます。

見えるだけです・・・

それぞれの段の割り振りを見直してみると 同じ幅にしたいところも出てきます。

たとえば 4小節と8小節は 同じフレーズだから 同じ幅にしたい・・・というような具合に。

小節ツール→4小節をダブルクリック→出てきたダイアログの中の左に現在の小節幅が出ます。

8小節も その数値にそろえると 同じ小節幅になります。

このように数値を変えた後は 必ず 「レイアウト更新」を実行してください。

また、楽譜を眺めて、音符どうしの感覚が広すぎているように感じるときには、音符の間隔を少し 狭めてやるわけです。

道具箱ツールから 音符移動をすることもありますが それだけでは 結局 間延びした感じになりますので、音符を移動するよりは 先ず先に、小節幅を狭くしてやる方がよろしいでしょう。

2013年3月27日 (水)

セットアップ・ウィザード

Finaleを起動すると 初めに 「起動パネル」が立ち上がります。

どういう楽譜を作っていくのかをこちらの画面でセットできるというものです。

私は あまり起動パネルは 使ったことがないのです。

ほとんどは 自分で 五線から決めていくので・・・。少々 面倒ではありますが自分でそれぞれを決めていきます。

せっかく 毎回 律儀に立ち上がる「起動パネル」ですから 一番左上の「セットアップ・ウィザード」をクリックしてみましょう。

すると こんなダイアログが出てきます。

S64_2

このダイアログで 何をするのかというと、楽器の編成、楽譜の書式、スコア譜 パート譜のサイズ 拍子記号 調子記号 テンポ 弱起の設定など。。。

これらを一気に セットすることができるのですわ。

これらを好きなようにセットすると セットしたような五線譜が新しいファイルとして作成できるのですね。

なんと パート名も付いています!これは有り難いです。

私なんて 自分でスペルを入力していますから・・・トホホ

便利機能です。初めて五線を開くような初心者様の場合は、このダイアログ内で設定すると 設定漏れが少ないと思います。

でもたまには 自分で 五線ツールから五線を決めていくような方法をとるのもよろしいと思います。面倒でもそのほうが 自分なりの手順を覚えられます。

楽譜の作り方の基礎みたいなものも 身に付きます。

お時間のあるときに 「起動パネル」を端からいじってみると面白いでしょう。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー