25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« 菊倍版サイズ | トップページ | マクロ機能確認 »

2012年4月19日 (木)

ノートを作る

パソコンに向かって Finaleを起動して 自分のファイルをコツコツ作って行くのは 大切な作業ですが もう1つ 大切な作業があります。

自分のノートを 作ることです。自分であとで見直したときに わかり易く書いていけばいいのですが これが なかなか いい加減になってしまうものです。

例えば 楽譜を作りながら Finaleのヘルプを調べて 「ここは あとでノートに書いておこう」と思いますよね。

そのときに とりあえず 走り書き程度のメモを手元に残します。ファイル上で作業しながらですから どうしても 走り書き程度のメモになります。

そのメモを見ながら 自分のノートへ今度は丁寧に記述していく作業 これがわかっているのですが 案外大変なのですわ。

でも 自分のノートは作ったほうがいいですよ。正しい方法は ヘルプに綺麗に載っていますが 自分の手でノートに書いて手元に置いておくほうがいいですね。

東大生のノートは 何故 美しいのか??確かに 素晴らしいです。講義中は 走り書きで 必ず帰宅してから 綺麗にノートをまとめる習性がついているからです。そこで 記憶は 確実になります。

しかし 私の場合は記憶は確実にはなっておりません。どんどん 忘れていきます。同じ作業を何回も繰り返さないと 忘れます。

一曲 入力して 作り終えたら、同じ曲を何回も繰り返し作ると良いでしょう。

でも 自分の体力との相談ですね。気力ではなくて 体力だと思います。

身体に無理が続くと 病気になります。実際にFinaleを凄く頑張っていて 倒れたという話も聞きます。

この私も 吐き気が続くほど頑張ったこともありますが・・・初心者様は 絶対に徹夜などなさいませぬようにng

S57

« 菊倍版サイズ | トップページ | マクロ機能確認 »

Finale入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414284/44946771

この記事へのトラックバック一覧です: ノートを作る:

« 菊倍版サイズ | トップページ | マクロ機能確認 »