25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« 2012年3月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

お気に入りの筆記具

楽譜を作る時には 特に 筆記具は必要ありませんが・・・しかし ノートに書いたり、プリントした自分の楽譜を校正しますよね。

そのときに 私が使っているペンがあります。ま、なんでもいいわけで、ご自由に使いやすいものを使ってくださいね。

私が使っているものは これです。ジェットストリーム 極細。赤と黒をよく使います。

赤は校正用ですが、黒は 通常 なんでも書きます。

手帳にも使いますし、日常 全てに使っています。

最高にいい書き味。そして インクがぼたっと落ちないので おすすめできます

0.7も使いますが、書くスペースが狭い所には、極細 0.5が良いかと思っています。

どういうペンが 使いやすいのか?長文を書いてみるとわかります。

手紙でも書いてみましょう。だいたい 便箋1枚分の中には インクがかすれたり まとまってボタッと落ちたり 汚くなるものですが このペンは そういうことがありません。

私も 絶対にありません・・・とは言い切れませんが、今までこのペンで そのような汚い失敗を味わったことはありません。

今までいろいろ 使いましたが これが一番 滑らかに書けますし ストレスがありません。

しかも お値段もお安いです。

Finaleのサポートを継続して受けるなら・・・

Finaleをお使いの初心者様・・・

もし Finaleのテクニカルサポートを受けたいのでしたら ユーザー登録をしていれば どんどん質問できます。これは もう ユーザーの権利ですから ご遠慮なく ジャンジャン 質問をしてください。

実は 私も どうしてもヘルプでは解決できないことや わかりにくいことは何回か質問をしています。親切なご回答です。

ところが 初心者はFinaleを購入したら おそらくは そのバージョンをずっと使いますよね。

特に必用が無い限り バージョンアップはしないと思います。おそらく そのバージョンのままで 充分 いい楽譜を作ることができるし 全ての機能を使いこなせるまで かなりの時間を必要とするからですね。

しかし エムアイセブンジャパンのテクニカルサポート側では 全てのユーザー様に いつまでも親切に対応してくださるわけではないのです。

「テクニカルサポート対象バージョン」というのを決めています。サイトを覗いていただければわかりますが、いつまでも 古いバージョンを使っていると 対象外になってしまうのです。

現行では Finale2010からが サポートの対象になっています。

では どうしたら 宜しいのでしょうか?

それは バージョンアップすることです。たまには バージョンアップしておいたほうが得策です。お金はかかるので 必要ないと思えば そのままでもいいかも。

でも 年々 進化して使いやすくなっていますので たまには アップしてみてもいいかも知れません。

正直 毎年 アップするのは 精神的にも金銭的にも 大変ですが・・・トホホcrying

2012年4月25日 (水)

マクロ機能確認

マクロ機能は 作業効率をアップするためには 是非 使って欲しい機能ですが、例えば 自分のFinaleで アーティキュレーション選択画面を開いてみると・・・・それぞれの記号に割り付けられたキーの確認ができます。

楽譜上で アーティキュレーションツールを選択したまま 音符をクリックします。

すると 選択画面が出ます。

S58

私のマクロはデフォルトではなくて 少し自分で変更していますので 少し違いますが、

今黒く反転されているスタッカートのマクロキーは S です。

アクセントなら A というように なっています。

自分でマクロキーを設定することも可能ですので 便利に使うと宜しいと思います。

2012年4月19日 (木)

ノートを作る

パソコンに向かって Finaleを起動して 自分のファイルをコツコツ作って行くのは 大切な作業ですが もう1つ 大切な作業があります。

自分のノートを 作ることです。自分であとで見直したときに わかり易く書いていけばいいのですが これが なかなか いい加減になってしまうものです。

例えば 楽譜を作りながら Finaleのヘルプを調べて 「ここは あとでノートに書いておこう」と思いますよね。

そのときに とりあえず 走り書き程度のメモを手元に残します。ファイル上で作業しながらですから どうしても 走り書き程度のメモになります。

そのメモを見ながら 自分のノートへ今度は丁寧に記述していく作業 これがわかっているのですが 案外大変なのですわ。

でも 自分のノートは作ったほうがいいですよ。正しい方法は ヘルプに綺麗に載っていますが 自分の手でノートに書いて手元に置いておくほうがいいですね。

東大生のノートは 何故 美しいのか??確かに 素晴らしいです。講義中は 走り書きで 必ず帰宅してから 綺麗にノートをまとめる習性がついているからです。そこで 記憶は 確実になります。

しかし 私の場合は記憶は確実にはなっておりません。どんどん 忘れていきます。同じ作業を何回も繰り返さないと 忘れます。

一曲 入力して 作り終えたら、同じ曲を何回も繰り返し作ると良いでしょう。

でも 自分の体力との相談ですね。気力ではなくて 体力だと思います。

身体に無理が続くと 病気になります。実際にFinaleを凄く頑張っていて 倒れたという話も聞きます。

この私も 吐き気が続くほど頑張ったこともありますが・・・初心者様は 絶対に徹夜などなさいませぬようにng

S57

« 2012年3月 | トップページ | 2012年10月 »