25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« スクロール表示 | トップページ | 発想記号を別々に動かしたい時 »

2010年11月22日 (月)

文字発想記号を作ってみた

文字発想記号というものがありまして・・・

発想記号と同様の概念ですが・・・

さて 私が自分のFinaleを立ち上げて その中で 発想記号の選択画面を眺めてみると。

poco a poco という記号が無いので では 作ってみようかと思った次第です。

poco a poco の意味ですが 「少しずつ」という意味ですね。楽譜ではよく出てきます。

ポコ ア ポコ(伊)

Finaleで発想記号ツールを選択→発想記号選択の画面から作成をクリック

この時 右下の「文字」にチェックを入れておかないと 文字発想記号は表示されません。

S12_2 

次の作成画面に行きます。ここでは 文字のフォント サイズ スタイルを適宜に選びます。私は タイムズで記述してみます。12pt で標準スタイルです。

作成画面に poco a pocoと入力しました→OK

S13

前のダイアログ 「発想記号の選択」という画面ですが ここに今作成したpoco a pocoが追加されているのを確認してくださいね。それで良ければ そのpoco a pocoを選択してください。

S14

楽譜上には poco a pocoが記述されたというわけです。

しかし よく見ますと 私は間違えました。文字発想記号は ほとんど 斜体で表記しますので このままではダメでした。また 先ほどの 発想記号の選択の画面に戻ります。

戻ったら poco apoco を選択して黒く反転させます。次に編集をクリックします。

編集画面で 書体を変更します。斜体に変更。楽譜上の poco a poco のハンドルをダブルクリックでも編集できます。

いろいろな文字発想記号を作ってみて 試してください。S15

« スクロール表示 | トップページ | 発想記号を別々に動かしたい時 »

Finale入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414284/37787360

この記事へのトラックバック一覧です: 文字発想記号を作ってみた:

« スクロール表示 | トップページ | 発想記号を別々に動かしたい時 »