25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« 楽譜の勉強をしたい人へ | トップページ | 小沢征爾さん 公演キャンセル »

2010年1月 6日 (水)

自己満足の楽譜

自分で気に入った楽譜を作りたいとか・・・

とりあえず、自分用の楽譜を作りたいとか・・・

こんな場合には、あまり、細かな浄書作業は必要ないと私は思うのです。

楽譜って記号ですからね、約束事。

自分で、ここはこのくらいのテンポ ここから、黄色の小節に跳ぶ・・・・とか勝手な約束を決めます。それで、その譜面を見て、演奏ができれば・・・まぁ、それでもいいわけで。

私なんぞ、勝手な解釈をして楽譜を作るときもあります。自分用ですが。

でも、これが人に渡す楽譜になると、絶対にダメです。こんな勝手な変な自己満足の楽譜は許されません。自分にしか理解できない楽譜と言うことになります。

誰が見ても、綺麗で見やすい楽譜を作ることになりますね。これが、本当に難しいのです。ですから、もし、楽譜の勉強をしたいと思う若者がいたら、私の助言は決まっています。

「専門の先生について、勉強するといいですよ。」

しかし、仕事の保障は一切ありません。おそらく、そのプロの仕事量の多さと、納期までのスピードに耐えられないと思うのです。

自分の身体を痛めてまで、仕事をする・・・これが、プロなのかもしれませんが。

それでもなんでも、私は、楽譜の勉強をやりました。大変な思いでした。細かすぎて、とてもこんな事、やっていられない!!って思うこと、ありました。

こんな細かいことを追求しなくても、自己満足の楽譜を作ることはできます。でも、私は、それをやりたかったのですね^^^

たとえ、重箱の隅をつつくような細かさを要求されても、面白みを感じていました。

やり始めて、挫折をする人は多いと思います。私の周辺にもいました。その人の性格とか習性とか関係してきます。

明らかに無理な人、確かにいますね。

« 楽譜の勉強をしたい人へ | トップページ | 小沢征爾さん 公演キャンセル »

浄書」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414284/32878615

この記事へのトラックバック一覧です: 自己満足の楽譜:

« 楽譜の勉強をしたい人へ | トップページ | 小沢征爾さん 公演キャンセル »