25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

フルートの演奏会

第68回 土曜日のコンサート 「フルート音楽の夕べ」

● 2009年11月14日(土)19:00  同仁キリスト教会 (地下鉄・護国寺)

● 山下兼司 (フルート)、柴田菊子 (ピアノ)

● 曲目予定

ソナタ ハ長調 (リード)、シャンソンとバディネリ (カミュ)、詩曲 (グリフェス)、

小組曲 (ブュセール)、憂鬱な幻想曲 (ライヒャルト)、小奏鳴曲 (原博)

フルーティスト 山下兼司先生のライフワークであります、土曜日のコンサートのご案内です。

今回で、なんと、68回!!素晴らしいです。

私は、常日頃、思っておりますが、1つのことを継続していくことは、大切なことだと思うわけです。困難も伴いますからね~

簡単なようでも大変なことです。

68回、おめでとうございます!!

で~~、今回は先生の自作CDも会場に並ぶようです。私は、その中から、「癒しもの」というCDを持っていますが・・・

生の音源ですから、雑音もありますが、ライブはそれなりの臨場感があります。

中でも珍しいのは、ヴィヴァルディのピッコロコンチェルト。先生の演奏では非常に珍しいものだそうです。

実は私は中学生の時に、ピッコロをちょっと吹いたことがありますが難しいですね~

フルートよりも1オクターブ高い音が出ます。

楽しめるのはフルートですね。ピッコロは楽しめません。フルートは老若男女問わず、楽しめる楽器です。

今、迷っている方、勇気を出して、フルートに挑戦!!なさってみたら・・・

山下兼司先生のページへGO

2009年10月20日 (火)

休符の入力

マウスでクリックしながら、入力する方法ですが~~

これで、休符を入力してみたいって??

「ステップ入力休符パレット」を出しておきます。「ステップ入力パレット」は、メニューバーのステップ入力ツールをクリックすると即座に出てきますが、休符パレットは、「ウインドウ」メニューの中にありますので、「ステップ入力休符パレット」にチェックします。

その休符パレットの中から、入力したい休符を選び、入力したい位置でクリックします。

一応、簡単なのです。

Photo_5

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »