25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« フルートをピアノ伴奏付きで・・・ | トップページ | 和音の入力 »

2009年9月19日 (土)

ステップ入力

楽譜を作っていますが・・

私はFinaleで作りますが・・・

音符を入力する時に、MIDIキーボードで入力します。私は、いつもこの方法です。

ところが、他にも入力する方法があって、マウスをクリックして五線に貼り付ける方法、パソコンのキーボードをタイプする方法などがありますね。

マウスでクリックする方法→Finale の「ステップ入力ツール」を使用します。

ところが、私はこれはあまり使いません。苦手ですね~。

クリックの連続技になるので苦手です。

たまには使いますが、「高速ステップ」で入力してある程度楽譜の形が出来上がってきた時に、ミスを発見することがあります。

ミスの発見や、記譜方法を変えたいときですが、こういうときに部分的な修正のために、「ステップ入力ツール」を使うことはあります。

やり方はわかり易いのです。楽譜に、ステップ入力カーソルが表示されたら、入力したい音符を選択します。

そのあと、入力したい場所、つまり音程ですが、そこをクリックします。これで、音符が入力されます。

簡単です。もし、付点音符の入力をするなら、同じようにステップ入力パレットから音符と付点の両方を選びクリックします。このあと、入力したい場所にクリックします。

あとは臨時記号の♯や♭等も同じ方法。

全音符で真ん中のラの♯にしたければ、全音符と♯の両方を選んで、五線の第2間をクリックします。理屈としては簡単です。

しかし、これをスピーディーにやってのけるのは至難の技ではありませんか?

でも、上手な人はいますね。凄く速い人がいます。

私は尊敬します。私は慣れている高速ステップ入力がメインです。

« フルートをピアノ伴奏付きで・・・ | トップページ | 和音の入力 »

Finale入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414284/31437533

この記事へのトラックバック一覧です: ステップ入力:

« フルートをピアノ伴奏付きで・・・ | トップページ | 和音の入力 »