25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« 楽譜ファイル FREE×FILE | トップページ | 添削された楽譜 »

2009年5月24日 (日)

楽譜コンテスト結果

昨年の楽譜浄書のコンテストの結果が今頃になって、添削されて返ってきました。

審査の結果ははるか昔に出ているはずですが、各々の作品の添削に時間がかかってしまったようです。

どうしてこんなに遅いのか?いろいろ理由はあるでしょうね。

その1つに、審査委員長の高齢と体調によるものだと添付文書に書いてありましたっけ・・・

まぁ、とにかく、皆様、ご苦労さまでした。

さて^^^

私の結果ですが、よくありません!!

昨年よりも数段酷いではありませんか!?いったい、何事でしょう?

昨年は判定がAだったのですよね、これでも。

ところが、今回は、判定Dsad

かなり頑張ったつもりでしたが、トホホ・・・・でございます。

添削の譜面を見ますと・・・・

これまた、凄い、初歩的なミスが多くて、ビックリです。

どうして、こんなことをミスっているのだろうか?

お恥ずかしいのですが、ここに書きます。

私は、フルートの曲(ピアノ伴奏付き)を提出しています。

まず、第三線の処理ができていない。これは、どういうことかと申しますと、音符というのは符尾が必ず、第三線に付いていなければなりません。

これをうっかりしました。自分では修正したつもりですが、逆向き符尾の場合や連桁の修正をしていくときに、見落とす。

多連符が多い曲でしたので、多連符のスペーシングがうまくできませんでした。

曲全体を眺めてみて、下手だな~~~って思いましたが、やはり、レイアウトの段階でしっかりと構築する必要がありそう。

私は紙面のスペースを考えて、なるべくコンパクトに収められるようにレイアウトしたのですが、これがやはりいけないようです。

見やすい楽譜を作るということは、どなたが演奏しても大丈夫なように作るわけで、1ページ内に、五線を詰めすぎるなんて、言語道断!?ですよね^^^

まぁ、そんなわけで、私の楽譜は当然審査基準から漏れておりますweep

今回の入賞者はたった一人でした。

かなり、審査は厳しいと思いました。厳しいというか、淋しいというか・・・・

例えば、市販の楽譜そっくりにレイアウトしてできるだけ真似して同様に入力します。これをプロの浄書家の先生に見ていただいても、必ずしも褒められるとは限りません。

ということは市販されている楽譜であっても、浄書の点ではまだまだ満足な楽譜ではない場合もあるのです。出版社の好みとかあるみたいですね~~

このブログを関係者が見ていたらどうしよう!?って思いながら恐る恐る書いています。

« 楽譜ファイル FREE×FILE | トップページ | 添削された楽譜 »

浄書」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414284/29772135

この記事へのトラックバック一覧です: 楽譜コンテスト結果:

« 楽譜ファイル FREE×FILE | トップページ | 添削された楽譜 »