25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

なごり雪

なごり雪 伊勢正三さんの作曲です。イルカさんの歌でおなじみ。

私、フルートと伴奏譜を無料でゲットしました。ヤマハのぷりんと楽譜で、無料楽譜を毎月1曲だけいただけるのです。

私はどうしても、浄書的な目で見てしまいますが~~

さて~~連桁の隙間の処理がイマイチです。スラーやタイの五線との重なりも気になります。私は。楽譜なんて、わかりさえすれば本当はどうでもいいのです。いちいち気にしているとダメです。

でも、結局は見やすいいい楽譜でないと、やる気はおきません。ホントです。

でも、いい編曲です。充分、楽しめます。ウキウキ、ワクワクwink

フルートのなごり雪も、なかなかいいですよ^^^

ポニョの無料の楽譜をお探しですか?

ポニョの無料の楽譜をお探しでしょうか?

おそらく無いですよ。私が、作って当サイトに載せてあげたいくらいですね。

そんな気持ちになるくらい、多くの方がポニョの無料楽譜を探しています。

思い切って、ピース版で購入なさるのもいい方法です。

安価です。

こちらのサイトはいかがでしょう?

ぷりんと楽譜

ポニョ  ピアノ連弾用なら210円です。一番安くて210円。勿論、他のアレンジもあります。

ヤマハの楽譜ですから、浄書も綺麗だと思います。

2009年2月18日 (水)

ピアノ体操

ピアノ大好き人間は、こんなこともやるらしいです。

ピアノを上手に楽に弾きこなせるように・・・てなわけで、指の体操でございます。

指の体操ですから、当然、頭の活性化にも一役。

指のための教本って珍しいですから、ご紹介しておきます。

いいところは、「トリル」「スケール」「重音のフレーズ」など、さまざまなフレーズごとに分けてあるので、自分の苦手なところをピックアップしてトレーニングできます。

ちょっと面白い教本だと思います。

ピアノスタイル レベル・アップ必至!はじめてのピアノ体操(CD付き) (リットーミュージック・ムック) 

2009年2月17日 (火)

楽譜を購入するとき、困ること

楽譜を購入する時に、ネットで注文することもありますが、その場合には、既に買うものがはっきり決まっている時だけです。

これを買う・・・という迷いが無い時だけですね。誰でも同じだと思いますが、楽譜は見て買わないとダメでしょう。

例えば、ポニョの楽譜でピアノ連弾用が欲しくても、中身を見ないとアレンジがどの程度のレベルかわかりませんし、ましてや、生徒さんに弾かせるとなれば、その子に合うかどうか疑問ですよね。

皆さんが仰るように、楽譜は結構高いのです。

1冊が2000円、3000円、当たりまえですから、無駄のないように検討しないとなりません。

必ず店頭で確認してから、ネットで注文するのがいいでしょ~~

でも、住んでいるところによっては店頭確認ができないこともありますね。

ネットは便利ですが、商品を手にとって見ることができないのは困りますね。

私もポピュラーのアレンジ譜を買ってしまってから、「こんなアレンジではなくて、もっとオシャレな感じがいいな~~~」と思うことはあります。

やはり、楽譜は必ず手にとってから購入したほうがいいですね。

見やすい楽譜ばかりではありませんから。

五線の幅、これだけでも見やすいかどうかこだわったほうがいいです。

五線と符頭の関係もこだわったほうがいいです。

楽譜の用紙の色もできたら、「目が疲れない色」がいいでしょう。

普通は紙は白いですよね。薄い黄色、薄いクリーム色のほうが目には優しい。

白・・・・目が疲れますよ。

でも、ほとんど、紙は白ですね。少し、すすけた感じの紙がいいんですけれど^^^^

2009年2月16日 (月)

崖の上のポニョ

崖の上のポニョ の楽譜

私の手元にある楽譜は、ちょうど、ピアノビギナー向けにアレンジされているものですが、2ページで、音符の玉(符頭)も大きくて、子供や高齢者にはもってこいの楽譜です。

しかも、紙の色が薄い黄色です。白い紙は目が疲れますが、薄い黄色やオレンジ色は、目に優しいのです。

まさに、高齢者には最適な楽譜だと思いますね。

最近、思うことは、用紙の色は白くないほうが良い・・・ということ。

実は私の自室も壁が白いので、少々疲れます。でも、最近は壁のクロスも汚れてきたので、これはちょうどいいのかもしれません。

話はポニョに戻りますが、歌っている大橋のぞみちゃん、当初よりも歌が随分お上手になりました。

とてもかわいい子で、大好きですが、はじめの頃の音程がヨロヨロした感じの歌い方のほうが私は好きです。

つまり、のぞみちゃんは、お歌がすご~~~く上達したのです。

私のポニョの楽譜は、「ピアノスタイル12月号」です。これがちょうど、子供と高齢者向けですね。浄書の勉強のために、楽譜をツラツラと眺めるのです。

ピアノタッチ

ピアノに親しんでくると、ピアノのタッチが定着しているので、これがいいような悪いような・・・

指を上から落とすようにして、腕の力を落として・・・なんて、脱力しながらピアノを弾く訓練をやってきた人には、「指をよく動かす」行為が、自然と身についていますね。

私もそういう傾向にありますが、困ったこともあります。

パソコンのキーボードを打つ音がうるさいのですね。

私は、指を上からバンバンと落としているので、周囲はうるさく感じると思います。

誰でも、多少はキーボードを打つ音がするものですが、上手な人は大きな音を出さないようです。

うらやましいと思います。

フルートの運指でも同様のことが言えます。

できるだけ余計な動きをしないほうが、速いパッセージをこなせます。

時に、フルートの場合はパタパタと余計な音が出て困ります。

2009年2月 3日 (火)

楽譜を無料でゲットしたい人が多いです

私が日頃、お邪魔するブロガーさんのサイトで、「楽譜を無料でゲットする・・」というような内容の記事を書いておられたので、当然、私も熟読させていただきました。

そのブロガーさんは、趣味で音楽を楽しむ人が多いけれど、皆、楽譜が高くて・・・と嘆くので実際に楽譜を店頭で見たら、やはり、少々お高いと納得されたそうです。

そこで、そのブロガーさんが見つけたサイトを紹介してあったのです。(あえて、ここでは私は紹介しませんが・・・)それはいいのですが、その記事に対するコメントが多いこと多いこと・・・

いったい、どうしたことか?コメントの内容は、「○○○の楽譜が欲しいです。無料で手に入るところを教えてください」とか、「クラシック以外の曲でピアノ連弾用の楽譜が欲しいです」みたいなコメントがずら~~~~っと並んでいました。

その中に、「著作権というものがあるから、絶対に最近の曲は無料では手に入りません」と教えている人もいます。ところが、そのやり取りがだんだんエスカレートして喧嘩口調になってきて、私はビックリしてしまいました。

肝心なブロガーさんは、コメントには一切返事をしない人ですから、コメントする人同士での激しいバトルが展開されているわけで、私はがっかりしてしまいました。

ネット上でのやり取りは、もっと、冷静になって欲しいです。私も当然、楽譜をできるだけ安く手に入れたいと思っています。できれば、無料で欲しいですわ。

でも、著作権が切れていないものは無理です。やったら犯罪。最近のポップスとか、絶対に有料です。耳コピできる人はいいですが、それを楽譜に起こすのも依頼すれば有料ですね。

とにかく、最近の曲は無料では手に入りません。これは、もう、仕方の無いことですね。

クラシックの曲は無料でゲットできるところはあります。でも、よく考えてみると、無料の楽譜ってどこか間違いがあったりします。見やすい楽譜を追求するなら、楽譜はよく見て選んだほうがいいでしょ~~。

ピアノやギターを習っている人なら、先生やお友達に相談してみるといいでしょうね。私の場合は、楽譜を生徒さんに作ってあげることもあります。その曲だけ購入するといいと思います。1曲だけでも購入できるところもあります。

自分のブログ上で、他人が喧嘩しているというのもすごいですね。その、ブロガーさんの書く記事は参考になることが多くて楽しみにしていたのですが、無料の楽譜でこんなに賑やかになるとは・・・ね。

多くの人が、楽譜が高いと感じ、無料で手に入れたいということなんですね。わかります。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »