25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« 楽譜の勉強について | トップページ | フルートのコンサート »

2008年5月16日 (金)

楽譜の勉強について(その2)

 昨日の続編です。実際に楽譜制作の勉強をする場合の費用についてですが、こういう種のスクールは単なる習い事とは違いますよね。例えば、ピアノのレッスンとはまた違って、受講費というものは一括して払うことが多いですね。でも、いろいろな状況の生徒さんがいるので少し親切に分割ということも可能です。スクールによって違うと思いますが。

例えば、アフィリエイトのスクールがありますよね。アフィリエイトのノウハウを学んで稼ごう!というわけですが、その受講料なんて高いですdollar(かといって100万もしませんが)

楽譜制作の勉強はそこまでは高くないと思いますが、でも、これは個人差があって、修了してもまだ受講したいとなれば、そのつど、お金がかかります。ですから、きりが無いのです。この私も、最後のコースまで修了しても、まだわからないことは沢山あるので、正直申して今でも別のコースに入りたい気分です。しかし、それも、大変ですわ。また、徹夜が続くし、お金はないしmoneybag・・・・・結局、いつもサポートしてもらえる状況が大切です。パソコンに精通している技術者と楽譜制作の面で頼れる人、こういう人材が身近にいてくれると本当に助かります。今、使っているマシーンがいつ機嫌を損ねるかわかりませんから、たとえ昔の動きの遅いマシーンでもいざという時に助けてくれるかもしれません。pc

楽譜の仕事を受ける時は、納期が問題。こういう仕事は納期がとても早いです。私は、納期の前日には仕上げるつもりでいますが、ギリギリになる時もありますsweat01

忘れてはならないことは、「納期に間に合わなければ、次の仕事は無いかも」ってこと。

そして、忙しくマシーンを動かす時、マシーンは機嫌を損ねるものなのですdanger

« 楽譜の勉強について | トップページ | フルートのコンサート »

浄書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414284/20985307

この記事へのトラックバック一覧です: 楽譜の勉強について(その2):

« 楽譜の勉強について | トップページ | フルートのコンサート »