25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« こんな感じで | トップページ | また、墓参 »

2008年2月19日 (火)

長休符の幅

 パート譜では、長く全休符が続くときに、長休符を使います。この幅の調整が難しいです。2小節の長休符と10小節の長休符が同じ幅ではおかしいのです。一応、小節数に応じた幅を作ります。それを利用して、スペーシングを行います。かといって2小節の幅が極端に狭くなるのも窮屈に感じますからあまり細かく考えないほうがいいです。あくまでも見易さ、全体のバランスってことでしょうか・・・・・自分の楽譜を見ても気が付かないけれど、人様の楽譜ではそういうことに気が付くものです。楽譜は、見慣れてくるとそのままでいいような気がします。ですから、校正は時間を空けてやります。急ぎの場合は必死ですが、それでも、時間を空けて楽譜から目を離す時間がとても大切です。私なんて長い時間、楽譜を見ていると朦朧としてきますよ。もうろう・・・・と。

« こんな感じで | トップページ | また、墓参 »

浄書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414284/10606719

この記事へのトラックバック一覧です: 長休符の幅:

« こんな感じで | トップページ | また、墓参 »