25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« 大切な絵本 | トップページ | おっと、あぶない! »

2007年12月11日 (火)

音符入力

 まず音符の入力をするときに、どういう方法を取りますか?ものによりますが、私は大抵「高速ステップ入力」という方法ですが、これが一番効率的だと思います。しかし、中には「ステップ入力」といって一つ一つの音符を貼り付ける人もいます。高速ステップで入力して後でミスが見つかったときに部分的に直すときには私もよく利用していますが、一つ一つ貼り付けるのは気が遠くなるくらいに大変ですね。でも、この方が得意という人もいらっしゃいます。昔、管楽器専攻の男の子(青年ですが・・・)が、私に「ピアノが弾けるといいな~ぁ」って言うから、どうしてかと聞いたら、やはり入力の時点で手間取ってしまうということでした。管楽器の人でも歌の人でも、又、その他の人でも鍵盤がとりあえず弾ければ大丈夫だと思います。私が入力するときに困ることは、「右手で鍵盤を弾いて左手でテンキー」「左手で鍵盤を弾いて右手でテンキー」このどちらにするか?どちらが効率が良いのか?これで迷うことがあります。その間にはマウスを動かすこともあるわけで、自分の両手が交差する状況はしばしば見られます。混線するのは頭の中だけではありませんで、目の前の手も混線しています。鍵盤楽器の楽譜だったら右手パートは右手で、左手パートは左手で弾くのが自然でしょうね。他の単旋律のパートは右手で弾くことが多いかな~最後まで一通り入力を終えてから、さまざまなアイテムを加えたり、編集を加えていきます。とりあえず入力が時間かかって難儀ですな~~ですから、入力はセッセとパッパとこなしていきたいのです。Photo_2

« 大切な絵本 | トップページ | おっと、あぶない! »

浄書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414284/9349800

この記事へのトラックバック一覧です: 音符入力:

« 大切な絵本 | トップページ | おっと、あぶない! »