25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« オーボエ | トップページ | 連桁 »

2007年12月 5日 (水)

移調楽器

 移調楽器というものは慣れないと煩わしいものです。実音と記譜音の意味から勘違いしてしまうこともあって、気をつけなければなりません。この譜面は、フルートとB♭クラリネットのデュエット用ですが、クラリネットは移調楽器で実際に出てくる音は長2度低いのです。従ってその分だけ高く設定しておきます。フルートはそのままで良いのですが、クラリネットは長2度高く設定します。出来上がった譜面は♭が3つ、♭が1つということになります。これで設定上は問題ありません。Piccoloピッコロはフルートと同様にそのままでも良いのですが、パート間でのコピーの際にオクターブ単位での狂いが生じることもあります。何よりもプレイバックしたときに音色が異様なことになりますので、できれば移調設定をしたほうがよろしいです。ピッコロは1オクターブ下げます。特殊な楽器ではユーフォニュームやチューバなんかは本来は移調楽器ですが、伝統的に実音奏法をするので移調設定は不要だそうです。この辺になると私も自信がなくていつも参考書を引っ張り出します。とにかくプレイバックしてみれば異様な音に気が付きますので、そのような時には慌てて直します。ダイナミクスの位置ですが、これは出版社によっていろいろですね~一般的には記号がその音符の符頭よりも右にはみ出してはいけません。赤線よりも必ず左に置きます。しかし、社によっては、音符の中央に置く場合もあります。そういうときには赤線よりも右にはみ出しますね。pが3つも繋がっていたら赤線よりも大幅にはみ出しますから、そういう時はバランスをとって少し左に置くようにします。その時によっていろいろなケースがあるのです。

Icyougakki

« オーボエ | トップページ | 連桁 »

浄書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414284/9262517

この記事へのトラックバック一覧です: 移調楽器:

« オーボエ | トップページ | 連桁 »