25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« さくらさくら | トップページ | 散歩 »

2007年10月 5日 (金)

ソナチネ

 新日フィルの荒川洋先生がフルートの演奏だけではなく、曲作りにもかなり精力的にご活躍。この私は荒川氏の作品を楽譜浄書コンテストに出す予定で今、実はかなり苦戦しております。勿論、ご本人の許可をいただいた上での浄書なんですが、これがかなりの難曲ですね。別に私が吹くわけではありませんが・・・・・「ソナチネ」という曲です。16分音符の羅列が凄く速くて、臨時記号は多いし~入力して音を聴いてみても、これで間違いないのか不安ですよね~。フルートはもともと高い音が並ぶから、加線だって6本付いたりして、こういうのをオクターブ記号使って記譜していいのかなぁ~急に高音から低音に移動したり、その逆だったりね。なるべく楽譜をすっきり見せるために工夫が必要で、加線の音はオクターブ記号を多く使うとゴチャゴチャするし・・・って。よく、こんな曲吹けるものだと感心します。やはりプロはさすがであります。先生のページから音源を聴かせていただいたときに、びっくりした次第です。話、変わりますが、明日から放送のNHK、土曜ドラマ「ジャッジ」の音楽、メインテーマを荒川洋先生が吹いています。フルートをお好きな方は是非見てください。

« さくらさくら | トップページ | 散歩 »

浄書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414284/8253523

この記事へのトラックバック一覧です: ソナチネ:

« さくらさくら | トップページ | 散歩 »