25鍵 USB ミニ鍵盤

  • 卓上で場所を取らないミニ鍵盤が便利です

こんなファイルが欲しかった

リンク

おススメ

amazon



  • 伴奏付きCDは楽しいです♪ピアニストがいなくても OK!


  • Finaleだけじゃない!プリントミュージックをどうぞ!


  • Finaleの最新ソフトよりも先ず基本!

楽譜に行き詰まったら これで稼ぐ!!

  • 楽譜じゃなくても活字があるよ!あなたも稼げます!

« 東大のネコ | トップページ | 窓 »

2007年9月17日 (月)

五線の幅

 楽譜は見やすいのがいいです。初見でも演奏できるくらいに見やすいのがいいです。吹奏楽のパート譜なら7mm幅の五線が一番見やすいです。というこの私も、この7mmという幅は指導を受けた時にプロから教わりました。ですから、今も、とりあえず、パート譜は7mmに設定します。しかし、個人的な見解ですが、もっと狭く5mmとか6mmにすると、五線間がすっきりして案外オシャレな感じになります。視力が良ければ五線幅は少し狭くても良いと私は思います。しかし、楽譜というのは一度にいろいろな情報を目に入れるわけですので、よく見ないとそれらの記号等が目に入ってこないというのも困ります。ということを考えてみると、やはり、7mmが正解なんだろうな~って思うのです。

実際にそのパート譜を見て自分が演奏してみるとはっきりわかります。私の使用するフルートの譜面もほぼ7mmが多いようです。

« 東大のネコ | トップページ | 窓 »

浄書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414284/7983662

この記事へのトラックバック一覧です: 五線の幅:

« 東大のネコ | トップページ | 窓 »